Radical Discovery - 東方鬼形獣 博麗霊夢 カワウソ霊 セリフ集










 霊夢(狼)   霊夢(獺)   霊夢(鷲)   魔理沙(狼)   魔理沙(獺)   魔理沙(鷲)   妖夢(狼)   妖夢(獺)   妖夢(鷲)

 形獣 - 楽園の素敵な巫女 博麗霊夢(カワウソ霊)  Stage... 1 2 3 4 5 6 EX
  地獄から大量の動物霊が攻め込んできた。
  「奴らは力と数で地上を支配しようとしている。頼む、我と一緒に地獄に行って奴らを止めてくれ」
  そう伝えてきたのは、人間に協力的な動物霊だった……。

 STAGE 1 千万無量の無念 - Infinity Make-work  賽の河原



 霊夢:動物霊だらけね。
    でもこんなところで手こずっている場合じゃないわ。
 瓔花:そこのお前!
    こんなところで暴れるから積み石がみんな崩れちゃったよ。
 霊夢:あら、ごめんなさい。気付かなかったわ。
 瓔花:積み石コンテストが台無しだわ。それ以上暴れないようにしてやる!

 瓔花:ぐぐぐ……強い。  霊夢:ごめんなさいね。ここはただの通り道なんで。貴方には興味ないです。  瓔花:それはそれで……なんか酷い……酷いわー。


 STAGE 2 御影石の赤子 - Cross the Styx  三途の河



 霊夢:いつになったら向こう岸に着くのかな。
 潤美:三途の河(こんなところ)に生身の人間とは、凶暴な魚に引きずり込まれたいのか?
 霊夢:むむ、何やつ。
 潤美:私は牛鬼。河を塒(ねぐら)にしている者だ。
    今なら安全に送り返してやっても良いんだが……。
 霊夢:送り返すんじゃなくて、彼岸まで送って欲しいんだけど……。
 潤美:そうか、それが望みなら仕方が無い。
    お望み通り彼岸送り(ころ)してやろう!

 潤美:なんだ強いじゃないか。折角、古代魚達の餌にしてやろうと思ったのに。  霊夢:妖怪には負ける気がしないんでね。  潤美:彼岸まではあと僅かだよ。渡しの代わりにそこまで送ってやろう。     その代わり、土産話を楽しみにしているぞ。  霊夢:わーい、ありがとう。


 STAGE 3 鬼渡の関所 - Lonely Amaryllis  彼岸



 久侘歌:閻魔様から話は聞いています。容赦無く、貴方を試しなさいってね!

 久侘歌:地獄へ行こうとしているだけありますね。中々の腕前でございます。  霊夢:あんたは一体……?  久侘歌:私は、久侘歌(くたか)。地獄の関所を見張っています。  霊夢:門番……って事?     地獄に行かなきゃいけないんだけど、どうすれば良いの?  久侘歌:閻魔様は地獄に通しても良いと言っていましたが、私ははなから通す気はありませんよ。  霊夢:ええー? そんなー。私だって半分行きたくないところを我慢していこうとしてるのに。  久侘歌:そんな弱気な人間はすぐに鬼に食べられてしまいます。      ここで大人しく帰るのが誰も不幸にならない選択肢です!
 久侘歌:よ、弱気なくせに強いですね……。  霊夢:地獄に良い記憶が無いので、本当を言うと行きたくないのよねぇ。     でもさあ、これも仕事だから仕方が無いんだよねぇ。  久侘歌:それだけ力を持っているのなら、簡単にはやられないと思いますが……。      でも、弱気なのはいただけません。地獄の霊達は心の隙間に入り込むのです。      そういえば、貴方は既に心が動物霊に乗っ取られてますねぇ。      気を確かに持って下さいね。長生きしたければ……。




 STAGE 4 万苦の業風 - Darkside of Paradise  地獄(詳細位置の特定不能)



 八千慧:生身の人間ですね。地獄は絶望的に広いですよ。私が案内しましょう。

 八千慧:よく付いて来られたね。  霊夢:はあはあ。風が強すぎる……。     でも、ようやく見つけた動物霊なんだから逃すわけに行かないでしょ。     私は地上を支配しようとする動物霊を探して地獄(ここ)まできたの。     その動物霊ってあんたなの?  八千慧:貴方は動物霊を征伐に来たのですね。      でもあなたが倒すべき動物霊がいる場所は……地獄(ここ)ではないのです。  霊夢:え? そ、そうなんです?  八千慧:そうですよ。敵のところまで案内してやりましょうか?  霊夢:(何故だろう……絶対嘘だと思うのに、信じなきゃいけない気になってきた)  八千慧:決まりですね。私に勝てたら、本当の敵の居場所を教えましょう。
 八千慧:す、すばらしい。貴方のような人間なら大丈夫でしょう。      では、倒すべき敵の下へ、貴方を案内します。  霊夢:貴方は一体何者なの?  八千慧:私は鬼傑組(きけつぐみ)の組長です。貴方にはそれが判らないはずがない。  霊夢:も、申し訳ございません。吉弔様!  霊夢:(ん? あれ? 何で私が謝ってるんだろ)  八千慧:謝る必要なんてないですよ。貴方は動物霊の侵略を止めに来ただけの人間ですから。      私が敵がいる場所を教えます。貴方の役目はその敵を倒す事だけですからね……。  霊夢:何故だろう。確かにそうだった気がする……。  八千慧:動物霊は地獄のお隣にある畜生界にいます。      その畜生界の中心に一際目立つ建造物があって、そこが敵の本拠地なのです。  霊夢:畜生界の中心ね。よーし、敵の居場所が判ったわ!  八千慧:カワウソに選ばれし伏兵よ!      鬼傑組の鉄の掟を思い出せ!! 搦手(からめて)こそが最短最良だ!      呪い極めた鬼形(きぎょう)の敵を滅せよ!


 STAGE 5 畜生メトロポリス - Beastly Dystopia  畜生界



 霊夢:ここが畜生界……。地獄とはまた異質の息苦しさがあるわね。
    それで畜生界の中心の建造物って、アレのことかしら……?
 磨弓:人間? さっさと霊長園に戻らないと、飢えた畜生達に捕らわれるよ。
 霊夢:霊長園? 後ろの鍵穴みたいな奴かしら。
 磨弓:霊長園を知らないだって?
    と言うかお前……畜生界の人間霊じゃないな! 生身の人間だ!
    どうやって、この究極の弱肉強食の畜生界で生き延びてきた?
 霊夢:私はここの住人じゃなくて動物霊達を退治しに地上からやって……。
    ……(くっ、意識が乗っ取られる! ……もしやカワウソ霊の仕業か!?)
 霊夢:ふっふっふ。私は、お前達を破壊する為だけに生身の人間を連れてきた!
 磨弓:貴様から感じる霊気……まさか、カワウソ霊なのか?
 霊夢:そうだ、我ら鬼傑組の必殺搦手の作戦を喰らえ!
 磨弓:そうか、鬼傑組の吉弔の手先なのね。
 霊夢:お前達、呪われし偶像どもから人間霊(どうぐ)を解放する! 
    覚悟しろ! 弱肉強食こそ、畜生界の理(ことわり)だ!

 磨弓:つ、強い! 生身の人間とはこの様な物だったのか……! なんと恐ろしい策……!  霊夢:(よし! これならば勝てる! ありがとう! 人間の巫女よ!)  霊夢:……意識が動物霊に乗っ取られている!? 一体何が起こって……。  霊夢:(私だ、カワウソ霊だ。改めて礼を言う、ありがとう。     貴方のお陰で偶像を破壊できそうだ。でも、あと少しだけ協力して欲しい。     偶像を破壊すれば、畜生界は動物霊の支配に戻る。そうすれば、地上への動物霊の侵攻も止まるだろう。     貴方と目的は一致している筈だ。協力して打ち勝とう!)  磨弓:これは埴輪兵士が作られてから初めての緊急事態だわ! 早くみんなに知らせないと!  霊夢:私は一体何と戦っているのかしら。     まあ、カワウソ霊も嘘を吐いている感じじゃないし。     いざ行こう! 霊長園とやらに!


 STAGE 6 イドラデウス - Idola-Deus  霊長園墳墓内部



 磨弓:生身の人間がこんなに強い生き物だなんて! 夢のような現実だわ!

 霊夢:気持ち悪いところねぇ。     お目当ての敵は何処に居るの? 私に取り憑いているカワウソ霊さん。  霊夢:(……霊長園と言えば畜生界一美しい庭園だったのに……。噂には聞いていたが酷い有様だ)  袿姫:来客とは珍しい。もう私達に敵う者などいないと悲しんでいたのに……。  霊夢:見つけたぞ! 畜生の理を破りし破壊神! 埴安神桂姫!     お前の野望も潰えるときがきたぞ!  袿姫:良いわねぇ。やっぱり動物は活きが良くないとね。     お前から鬼傑組特有の生臭い匂いがするわ。  霊夢:……!?  袿姫:でも、見た目は人間みたいだけど……。一体、どういう卑怯な策を持ってきたのかしら。  霊夢:ちょっとちょっと、私は人間よ!     お前は一体何者なの? それにここは一体?  袿姫:……!? なる程……人間に憑依してきたと。     でも、何も知らない愚かな人間を騙して連れてきて、一体、何になると思っているの?     鬼傑組の……お前はカワウソ霊かしら?  霊夢:(……生身の人間を恐れない!? 吉弔様ー! 話が違うじゃないのー!)  袿姫:ふっふっふ。人間よ。動物霊に騙されるな。  霊夢:えっ?  袿姫:私は畜生どもから人間霊を守る造形神(イドラデウス)よ。     人間同士戦う必要なんてない。そう思わないかい?  霊夢:に、人間同士……!?  霊夢:騙されるな、巫女よ。こいつは人間霊から信仰を吸い上げるだけの邪神だ!     こいつは動物の敵であり、人間の敵だ!  霊夢:う、うう……何か面倒なことに巻き込まれているような。     しかし、お前からは邪悪なオーラが見える! 取り敢えず倒してから考える!  袿姫:そう、勘が鈍いのねぇ。     今なら見逃してあげると言っているのに気が付かないなんて。しかたがない。しかたがないねぇ……。  霊夢:(ま、まずい! 時間をかけすぎた、人間! こいつの造形術が来る!     動物霊達(われわれ)は、皆これにやられたんだ!)     一旦退却だ! 逃げろ!  袿姫:策を縛ってきて敵前逃亡とは……!     愚の骨頂だな。神域を冒して乗り込んできておいて逃げられると思うなよ?     肉のお前を滅して、土と水で美しく造り直してやる!     お前は一点の瑕もなき偶像(アイドル)として、未来永劫語り継がれるだろう!
 霊夢:人間よ、よく耐えた! まもなく応援が来るぞ!     もうこっちが強者だ! 孤独な邪神にトドメを刺せ!


 STAGE EX 血戯えの業風 - Beastly Storm  地獄(畜生界隣接暴風区域)



 久侘歌:この先、最強の動物霊が占拠しています。
     現在、地上に攻めてこないように水際作戦決行中です! 今すぐ引き返してください!

 霊夢:畜生界から本当の侵略者が出てきたって!     私が地上に出てくるきっかけを与えてしまったのなら倒さないと。  霊夢:(……誰かと思ったけど、やっぱりそうか。この馬鹿みたいなオーラは、あのお方だ!)  早鬼:あっはっは! 笑いが止まらないな!     吉弔の奴が袿姫を倒したお陰で、我らが自由に動ける様になった。     見事だ! 人間よ! 早速顔を見せよ。  霊夢:やっぱり、驪駒(くろこま)様! 何でこんなことを!  霊夢:ああ!? 誰だ、お前?  早鬼:……なる程、動物霊に私のことを教えられていないんだね。     失礼した、私は勁牙組(けいがぐみ)組長、驪駒早鬼である。  霊夢:勁牙組……?  霊夢:(この方は、我々の敵の親玉だ。     勁牙組は獣らしい獣の集団で、力しか取り柄のない筋肉馬鹿組織だぞ)  霊夢:(筋肉馬鹿組織……?)  早鬼:お前に憑いているのは吉弔のところのカワウソ霊だな。     袿姫を倒すための吉弔との苟且(かりそめ)の協力はもう終わった。     お前があの袿姫を倒してくれたお陰で、畜生界は再び競争社会へと戻ったのだよ。     となれば、我ら最強最速軍団勁牙組の天下だ。     程なくして畜生界は我ら勁牙組の物になるだろう。     いや畜生界どころか地獄界も人間界も……? 夢は広がるわ。  霊夢:ど、どうしよう。驪駒様がそんな暴挙に……。今すぐ吉弔様に報告に行かないと!  霊夢:大丈夫よ、カワウソ霊。報告は後でも良いわ。     私を畜生界の争乱に巻き込んだのは失敗だったわね。     今ここであんたを倒して、獣の野望をたたき切ってやるから!  早鬼:ふっふっふ、心地良いな。     吉弔みたいないけ好かない奴と違って、好戦的で気持ちいいぞ!  霊夢:人間、……いや博麗霊夢よ。感謝するぞ。  早鬼:鬼傑組のカワウソ霊よ! 良い人間を見つけたな!     しかし私は強いぞ。遠慮無く全力を出し切れよ!     さあ、邪神を打ち破る人間の力。この漆黒の天馬(ペガサス)に見せよ!